ゾンビでもわかるC言語プログラミング

C言語入門者の応援をします

配列

Index

配列の基本

変数がひとつの入れ物だとしたら、配列(array)は、入れ物が複数並んでいるようなイメージになります。

配列は、以下のように宣言します。

型 変数名[要素数];

以下のコードを実行してみましょう。

 1  #include <stdio.h>
 2  
 3  int main() {
 4     int a[10];
 5  
 6     a[0] = 3;
 7     a[5] = 7;
 8     a[9] = a[0] + a[5];
 9  
10     printf("%d + %d = %d\n", a[0], a[5], a[9]);
11  
12     return 0;
13  }

出力は以下になったかと思います。

3 + 7 = 10

上記コードの四行目で int 型の配列を要素数10個で宣言しています。

int a[10];

6行目では、配列 a の0番目に 3 を代入しています。
注意しなければいけないのが、配列を参照するときは、0 から始まるということです。
つまり、上記のコードで言えば、配列 a は、a[0] ~ a[9]までが使用できる領域になります。
また、情報系では、数値は 1 からではなく、0 から始まることが多々あるので、慣れておきましょう。

for文と共に使う

配列は、その特徴ゆえ、よくfor文と一緒に使われます。

以下のコードを実行してみましょう。

#include <stdio.h>

int main() {
    int i, a[10];

    for(i=0; i<10; i++) {
        a[i] = i; // 配列 a の i 番目に i を格納
    }

    for(i=0; i<10; i++) {
        printf("%d\n", a[i]); // 配列 a の i 番目を出力
    }

    return 0;
}

出力は以下になります。

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

書籍

新・明解C言語 入門編 (明解シリーズ)

新・明解C言語 入門編 (明解シリーズ)

苦しんで覚えるC言語

苦しんで覚えるC言語

やさしいC 第5版 (「やさしい」シリーズ)

やさしいC 第5版 (「やさしい」シリーズ)

C実践プログラミング 第3版

C実践プログラミング 第3版